審美歯科・ホワイトニング

歯の色の変化

歯の色が 変色する原因は大きく分けて3種類有ります。
何故自分の歯が変色しているかを知るのことが大切です。なぜなら、変色の原因によってそれに適した解決法があるからです。

 

1、歯の表面の汚れ

コーヒー、紅茶、タバコなど着色性の強いものお多く取ると、歯の表面に付着して、歯の色を変色させている場合です。毎日時間をかけて丁寧に歯みがきすれば防げますが、なかなか磨きのこしがないように完璧に歯みがきするのは難しく、頑固にこびりついてくると落ちにくくなってきます。
このような歯の表面の汚れは、プロによるプロフェショナルクリーニングで、本来の色まできれいにすることができます。

 

2、加齢、遺伝によるもの

年齢を重ねるごと、徐々に歯の色は黄褐色になります。髪の毛や肌の色が、人によって違うように,遺伝的にエナメル質形成不全の方は白や黄色や茶褐色などが見られます。自分の本来の色より白くしたい場合は、歯のホワイトニングがおススメです。

 

3、歯の内部構造が原因で変色している場合

神経がない失活歯や外傷、薬剤の副作用(テトラサイクリイン系)によって変色している場合です。
この場合は、ホワイトニングで完全に白くするのは、困難です。

 

白い歯への道

ホワイトニング

本来よりも白い歯を手に入れたい方に最善の方法です。
ホワイトニングには、歯科医院で行う方法オフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。

ホワイトニングで、歯を白く健康的な印象を演出。

 

2種類のホワイトニング

1、オフィスホワイトニング
歯の表面にホワイトニング効果のある薬剤を塗り、LEDライトを照射して白くする方法です。
短時間である程度は白くなりまので、お忙しい方、特別な装いの日が近い方におすすめです。
オフィスホワイトニングは濃度の高い薬剤を使うため、短時間で白くなりますが、薬剤があまり深く浸透しないため、色の後戻りが早いという性質があります。
即効性があるため少ない来院である程度の白さを得られます。歯科医師、歯科衛生士、の管理のもとで行われるため安心です。
希望の白さになるまでは何度か通う必要があります。
白くできるのは、前歯のみになります。

 

 

2、ホームホワイトニング
患者さんの歯に合った専用トレイ(マウスピース)を、診療室で作製し、ご家庭で歯に装着する方法です。
やる気、根気があれば、理想的な白さに!
ホームホワイトニングは、濃度の低い薬剤を使うため、白くなるには時間がかかりますが、薬液がゆっくりじっくり深く浸透するため、白さの限界点が広がり白さも長期保持できます。
奥歯まですべての歯を白く出来ます。
白くなりにくい歯も、白く出来ることもあります。
ご家庭で出来ます。
効果が現れるまで時間がかかります。
人によっては、トレイ装着に違和感を生じる場合があります。

 

もちろん、両方同時に、効率よく行う方法もあります。

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯を表面からカバーする方法で、歯の表面にセラミック素材による薄い付け歯で化粧張りします。ホワイトニングでは白くならない歯を白くしたい、歯の形、大きさ、歯並びを変えたい歯の隙間を 改善したい場合などに有効な方法です。歯の色合いは、希望どうりに作ることができ、軽い歯列不正、隙間だらけの歯なども改善できます。他のやり方に比べて歯を削る部分が少なく歯の神経も抜かずにできるので欧米では審美歯科の代名詞ともいわれています。


 

診療時間 9:30~18:30 個室診療室完備

月曜日~土曜日【木・日曜日・祝祭日は休診日です
ご予約等は、お気軽にお電話ください。お待たせすることをできるだけ少なくするために予約制とさせて頂いております。急患随時受付, 各種保険を取り扱っております。

×

×

関連ページ

矯正歯科・歯並び
歯並びの改善をしたい方へは歯列矯正やダイレクトボンディングやセラミッククラウンで歯並びを改善いたします。
入れ歯・インプラント
むし歯や歯周病、突然の事故などで歯を失いお悩みの方へのための入れ歯やインプラント治療のご紹介。
噛み合わせと健康
咬み合わせが悪いと、身体にいろいろな影響を及ぼします。肩こり、頭痛、首のこり、にもつながります。
ケアとメンテナンス
歯科衛生士によるクリーニングやプラークコントロールなど日々のメンテナンスが大切です。

to top